安田陽(やすだよう)略歴

大学でコンピュータを専攻し、C言語やアセンブラ、PL/I等を学ぶ。また、学内のパソコン通信ネットワークを管理。

二十歳の時にいわゆるバックパッカー的な旅のしかたで一ヶ月間アメリカをひとり旅したことが初めての海外体験となり、その後、タイやネパールなどアジア方面を中心に旅を続ける。

大学卒業後はオーディオ・電子楽器メーカーの赤井電機株式会社に入社。海外企画営業部にて、アジア、中近東、アフリカ諸国を担当。並行してOEM事業も担当。

その後沖縄のIT企業、株式会社レキサスに勤務(2000年〜2017年)。同社ではシステム開発エンジニアからスタートし、その後、営業、広報、コーポレートブランディング、社内報発行、Webサイトのコンテンツ企画、ブログ運用、アプリ/サービスの企画、マニュアルライティング、カスタマーサポート、動画制作、シリコンバレーオフィスの立ち上げ、米国スタートアップ企業の国内代理店契約、海外展示会への出展、その他英語でのビジネス全般に従事。

2017年12月に独立、現在に至る。

また、並行して沖縄の音楽業界における活動歴も長く、ベースプレイヤーとしてこれまでに数々の沖縄県内アーティストをサポート。Mie(ピンクレディー)や角松敏生、日野皓正といった国内トップアーティストとも共演。

現在はアーティストサポートだけでなく、親子で楽しめるジャズイベント「親子ジャズ」を主宰。さらに、リズム感を鍛えるためのスマホアプリ「BeatMaster」シリーズを監修。

さらに2020年からはライブ配信エンジニアとしての活動も開始し、有名無名を問わず沖縄在住アーティストのライブストリーミングを現場で支えている。実績多数。

得意なこと