私の強みについて

私自身の一番の強みは「アーティストとしての感性 x ITの知見」によるビジネス支援であると考えております。

と申しますのも、以下に書かせて頂きましたとおり、私がほかのビジネスパーソンの方々と一番大きく違うところは「アーティストとしても長年プロの現場に携わってきた」ということです。

また、並行して20年以上のあいだIT業界に在籍しており、そこでエンジニア職や営業職、米国駐在、広報、ブランディングなどの活動に携わってきました。

従いまして、私自身がこれまで長きにわたり培った ”表現者としての感性” と ”情報技術の知見” を活用しながら、まさに「表現プロフェッショナル」という立場で、お客さまのビジネスをお手伝いさせて頂きたいと考えております。

安田陽(やすだよう)略歴

大学でコンピュータを専攻し、C言語やアセンブラ、PL/I等を学ぶ。また、学内のパソコン通信ネットワークを管理。

二十歳の時にいわゆるバックパッカー的な旅のしかたで一ヶ月間アメリカをひとり旅したことが初めての海外体験となり、その後、タイやネパールなどアジア方面を中心に旅を続ける。

大学卒業後はオーディオ・電子楽器メーカーの赤井電機株式会社に入社。海外企画営業部にて、アジア、中近東、アフリカ諸国を担当。並行してOEM事業も担当。

その後沖縄のIT企業、株式会社レキサスに勤務(2000年〜2017年)。同社ではシステム開発エンジニアからスタートし、その後、営業、広報、コーポレートブランディング、社内報発行、Webサイトのコンテンツ企画、ブログ運用、アプリ/サービスの企画、マニュアルライティング、カスタマーサポート、動画制作、シリコンバレーオフィスの立ち上げ、米国スタートアップ企業の国内代理店契約、海外展示会への出展、その他英語でのビジネス全般に従事。

2017年12月に安田陽ブランディング研究所を設立、現在に至る。

また、並行して沖縄の音楽業界における活動歴も長く、ベースプレイヤーとしてこれまでに数々の沖縄県内アーティストをサポート。また、Mie(ピンクレディー)や角松敏生、日野皓正といった国内トップアーティストとも共演。現在はアーティストサポートだけでなく、親子で楽しめるジャズイベント「親子ジャズ」を主宰。さらに、リズム感を鍛えるためのスマホアプリ「BeatMaster」シリーズを監修。

得意なこと

  • ことばづくり(プレスリリース等の文章作成、コピーライティング、平易な言葉での技術解説、営業資料作成支援、マニュアルライティング)
  • 沖縄県内での広報活動
  • コーポレートブランディングの設計〜実施
  • Webサイトのコンテンツ企画と制作
  • 英語でのビジネス(海外企業との日々のやりとり、展示会出展対応等)
  • スピーディーな動画制作(撮影/編集/BGM楽曲制作)
  • 音楽制作(作曲〜アレンジなどBGM音源制作から録音まで)