こんばんは。

いまはもうMacBook Pro Mid 2012が完全にメインマシンになっています。自宅はもちろん、外出先でも常時これを持ち歩いています。

ただ、このマシンには弱点もありますので、それらの弱点を日常使いの中でどう感じたか、書いてみたいと思います。

1.約2キロという重量

このマシンの一番のウィークポイントは何と言っても重量。約2キロ。いまどきのMacBook Proは1.3キロくらい? それと比べるとだーいぶ重いです。

なのですが、毎日背負っているとだんだん重いと感じなくなってくるから不思議です。

いま、外出する際はデイパックにこのMacBook Pro Mid 2012、ほぼ日手帳、サイフを入れているのですが、なんだか慣れてきて、特段気にならなくなってしまいました。もう、全然平気です。

2.画面の狭さ

1,280 x 800ピクセルという、Retina全盛の現代にあっては化石のような仕様です。と言いつつ、もうこれに慣れてしまい、Retinaがどんなだったか忘れてしまいました。

ただ、2つ(以上)の画面を見比べながら作業したい時などはやはり不便ですね。どうしても、というときは外部ディスプレイを繋ぎます。

ですが、ふだんの作業では逆に画面が広くない方がひとつのことに集中できるので、そのぶんメリットが大きいような気もします。

やせ我慢ですかね? でも慣れてしまったのは事実です。

3.キーボードの熱

いまは冬なので全然熱くなりません。夏はたぶん大変なことになると思います。

が、自宅ではMagic Keyboardを使っているので、本体のキーボードを打つことはほとんどありません。

4.処理スピード

このマシン、スペック的には

  • OS:Mojave
  • CPU:2.9GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ
  • メインストレージ:500GBのSSD
  • サブストレージ:CDドライブを外して750GB HDD
  • メモリ:16GB

です。

まぁ最近出たM1チップとかと比べるとその処理速度の差はものすごいことになるのでしょうが、MacBook Pro 2016と比べても特段遅いような印象はないです。これはSSDの貢献度が非常に高いと思われます。

ParallelsでWindows10アプリも同時に動かしていますが、動作が重い印象はありません。

5.安くMacを使いたいならメチャクチャおすすめです

そんな感じで、自分としては何の問題もなく使えています。
別記事で書いたとおりトラックパッドは不調ですが、3本指ドラッグを使えるのでそこも問題なしです。

安くMacを使ってみたい皆さま、ぜひお試しください!

カテゴリー: Mac